稚内大谷高等学校のホームページへようこそ!!

稚内大谷高等学校
〒097-0012
北海道稚内市富岡1丁目1番1号
TEL.0162-32-2660
FAX.0162-73-1911(事務室)
   0162-73-1914(職員室)
MAIL.waohtani@plum.ocn.ne.jp
 
 

最新のお知らせ

最新のお知らせ
1
 
グリーンファクトリーの施設見学
2020-07-28
 
 7月27日に2年B組36名がグリーンファクトリー様に施設見学にいきました。
 有限会社ビックグリーン増幌様では、最新の搾乳システムについて見学させていただきました。生徒たちは、最新の技術を食いつくようにみておりました。
 株式会社ユーラスエナジー様では天北ウインドファームを見学させていただきました。生徒たちの多くは、風車を初めて間近でみたようで、ブレードの大きさやその力に驚いておりました。
 今後は、見学を通して学んだことを総合的な探究の時間でさらに発展させてまいります。
 お忙しい中、見学をお引き受けいただきました企業のみなさまに心より御礼申し上げます。
 
外来種駆除を行いました
2020-07-16
 7月15日に2年生70名がこうほねの家で外来種駆除を行いました。
 講師に環境省 北海道地方環境事務所 稚内自然保護官事務所の柴原崇様をお呼びし、外来種について意義や駆除方法について学びました。生徒たちは外来種「オニハマダイコン」を150kgを駆除することができました。生徒たちは「駆除の苦労を体感することができました。普段から、駆除を行っているボランティアの方々に感謝したい」「外来種もひとつの生き物だから、ひとつの命として大切にしたい」など、感謝のきもちと、生き物の大切さを再確認したようです。
 お忙しい中、ご指導・お手伝いいただきました柴原様、稚内自然保護官事務所のみなさま、パークボランティアのみなさまにお礼申し上げます。
 
サッカー部 全道優勝 報告会
2020-02-10
1月に函館市で開催された、全道Uー18フットサル選手権大会において優勝し、それに伴い、2月10日(月)本校体育館にて、サッカー部の全道優勝報告会が行われました。
 
昨年のフットサル選手権では全道3位という結果で終わり「あと一歩」のところで全国出場を逃しました。今年はチームの全員がその悔しさを胸に今大会に臨み、昨年の雪辱を果たす全道優勝を成し遂げました。
 
報告会では、2年生でキャプテンの菅原直人君から、「今回優勝できたのは、私たちの力だけではなく、友人や先生方、地域の方々等、たくさんの支えがあっての結果だと思います。」と力強く全校生徒の前で報告を行っていました。
 
また、今年の7月から8月に場所は未定ですが全国大会が行われます。全校生徒一同、サッカー部の活躍を期待してます!!
 
頑張れサッカー部!!
 
サッカー部 フットサル選手権全道優勝おめでとう!!
2020-01-20
1月18日(土)~1月19日(日)函館市において、全道Uー18フットサル選手権大会が行われました。
 
予選リーグ1試合目
北見北斗高校に7対2で勝利
 
予選リーグ2試合目
科学大学高校に2対3で敗戦
 
予選グループリーグは2位であったもののワイルドカードで決勝トーナメントに進出!!
 
決勝トーナメントでは
1回戦 北照高校に5対2で勝利
準決勝 旭川大学高校に2対1で勝利
決 勝 科学大学高校に1対1のままPK戦に入り6対5で全道優勝を決めた! 
 
また、全国大会については場所は未定ですが8月に行われる予定となっています。
 
全国大会も頑張れサッカー部!!
 
 
サッカー部のフットサル選手権全道優勝の詳細につきましては、下記のPDFファイル「新聞記事」にて掲載してあります。
 
【天候による連絡】稚内大谷高校
2019-11-14
11月15日(金)荒天候が予想されるため臨時休校となります。
 
樺太の歴史を考える高校生のシンポジウム
2019-11-01
10月30日(水)に本校体育館にて、全国樺太連盟主催の「樺太の歴史を考える高校生のシンポジウム」が実施され、樺太郷土史研究会の尾形芳秀さんと釧路公立大学講師の中山大将さんに講話を頂戴致しました。それぞれの国から見た樺太の歴史や領土に関することなど、様々な角度からのお話を聴き、生徒たちは講師の話に耳を傾け、身近である樺太について学びを深めておりました。お忙しい中シンポジウムを開催して下さった全国樺太連盟の方々、講師の尾形さん、中山さん、ありがとうございました。
 
見学旅行
2019-10-26
10月20日(日)~10月25日(金)の間、2年生90名が見学旅行に行ってきました。
 
1日目は移動日ということもあり稚内から京都まで大型バスと飛行機で移動
2日目は関西地区で各グループに分かれ1日自主研修
3日目は東本願寺で参拝を行った後、伏見稲荷大社・清水寺・金閣寺を全体で見学
4日目は東京地区で各グループに分かれ1日自主研修
5日目は東京ディズニーランドで1日各グループで行動
6日目の最終日は東京から稚内まで飛行機で移動
という5泊6日の行程でした。
 
見学旅行中は、大きな事故や怪我もなく無事に2年生全員が見学旅行を終えました。
今回の見学旅行を通して、多くのことを学び、様々なことを体験し、今後の進路や日常生活に活かし社会で羽ばたく準備をして欲しいと思います。
 
ふるさと・子ども夢プロジェクト
2019-10-22
10月17日(木)4時間目に本校体育館にて、双日株式会社顧問、谷口真一氏をお招きし「明日を信じて道を拓く」~新聞配達をして大学へ~
という講題のもと本校の全校生徒対象に講演会を行っていただきました。
 
谷口さんの少年時代から今日までの働きや経験を話していただき、生徒たちもこれからの自分自身の進路の期待、悩み、不安など、今回の講演を聞き自信に繋がる貴重な時間であったと思います。谷口さんお忙しい中講演会をしていただき、本当にありがとうございました。
 
また、北海道ふるさと会連合会会報に本校卒業生でもある高橋幸太さんの記事が掲載されました。
高橋幸太さんは平成23年に本校を卒業した生徒であります。
会報の内容については、ふるさと「稚内の良さ」を首都圏の様々な人達に知って頂こうと、自ら移動販売の「てっぺん市場」を行っています。
 
下記に北海道ふるさと会連合会会報に高橋幸太さんの「てっぺん市場」の会報の内容が詳しく掲載されています。URLからご覧いただけます。
 
卒業生からの講話
2019-10-08
10月2日(水)6時間目に本校の卒業生を招き、先輩方から進路についてお話を聞く「卒業生からの講話」を実施致しました。先輩方からは自分自身の進路選択、今やっておくべきこと、就職後のお話など貴重な経験をお話頂きました。
また、オブザーバーとして、特別養護老人ホーム富士見園より山内正人さんをお招きし、介護職の現状や社会人としての姿をお話し頂きました。
在校生は今回のお話を胸に、自分の進路に役立ててほしいと思います。
お話してくださった皆さん、お忙しい中お越し頂きありがとうございました。
 
<参加卒業生>
佐藤 建輔 さん(稚内市役所)
藤田 拓憲 さん(藤建設株式会社)
川村 竜也 さん(宗谷新聞社)
櫛引 七慧 さん(特別養護老人ホーム富士見園)
 
<オブザーバー>
山内 正人 さん(特別養護老人ホーム富士見園)
 
櫛引さんのお話内容を全文掲載致します。
「私は昨年の6月から特養富士見園で働かせてもらっています、櫛引七慧といいます。今日は短い時間ではありますが、私が介護士として介護の現場で学んだこと、感じたことをお話ししたいと思います。よろしくお願いします。私は元々医療や介護に興味があり、高校2年生の選択授業で介護を選択し、初任者研修の資格を取得しました。実際に授業を受けてみると、分厚い教科書が何冊かあり、専門用語が多くほとんど理解ができずただただ眠たかったのを今でも覚えています。私が富士見園から採用を頂いたときは嬉しい気持ちや「よし頑張ろう」という気持ち以上に「オムツ交換できるかな」「どんなことをするのかな」と心配に思うことがたくさんありましたが、朝職場で会うと「おはよう!今日も頑張ろうね」と言ってくれる上司の方、良いところをたくさん褒めてくれ、悪いところはきちんと指導してくれる先輩方がいます。1からひとつひとつ丁寧に教えて下さり、私はそのおかげで毎日頑張れています。テレビや周りの人からはよく「介護の仕事は辛い」「汚い仕事だ」「給料が安い」などと話をしているのを聞きますが、私はそう思ったことはありません。たしかに人が人のお世話をすることは簡単なことではありません。熱が出た人や急に体調が悪くなった方、転倒してしまった方がいた時に少しでも早く判断をして行動しなければならなく、自分のひとつひとつの行動に責任があるということを忘れてはいけないことを学ぶことができました。昨日まで一緒にいた利用者さんが亡くなってしまったりと辛い思いや寂しい思いになることがあります。ですが、「ありがとう」と感謝されることほど、価値のあるものはないんだなと思うことができました。「ななちゃん、ななちゃん」と孫のように話をしてくれたり、夜勤頑張ってねとジュースやお菓子をくれたり、「冬になったら履いてね」と毛糸の靴下を編んでくれたり、私たち介護職員側がありがとうと思うことが本当にたくさんあります。まだまだ未熟ではありますが、ひとりひとりの利用者さんにどんなケアをしたら幸せか、嬉しいかを自分なりに考えるのが楽しいと感じています。介護のお仕事は人としても成長できる職業だと思っています。めんどくさがり屋でなんの目標もなく、ボケーっと生活をしてきた私ですが、利用者さんのために、誰かのためにと考え、思いやりと優しい気持ちをもてるようになりました。とってもやりがいのあるお仕事です。最後になりますが、皆さんに進路を決める大事な時期が必ず来ますが、自分の進路なので大事にゆっくりと焦らず頑張って下さい。今日のお話が少しでも参考になれば良いなと思います。今日は貴重なお時間を頂きありがとうございました。」
 
学校開放見学会
2019-09-30
令和元年9月24日~27日の4日間、学校開放見学を実施し、4日間で管内外合わせて延べ260名の中学生の皆さんに、参加して頂きました。
実際の高校生が受けている授業や施設の見学、私学ならではの特色ある教育活動や環境に触れてもらいました。
 
これから中学3年生にとっては大切な進路選択の時期に入りますが、今回の見学会で得たものを進路選択の一つに考えてくれたら、有難いです。
 
市内中学生のみなさん、遠方からも足を運んでくれた中学生のみなさん、ありがとうございました。
 
 
 
 
令和元年度の学校開放見学会を9月24日(火)~27日(金)の4日間で実施いたします。
大切な進路選択の時期に差し掛かり、この機会にぜひ稚内大谷高校を見て感じてください。
 
日時 : 令和元年9月24日(火)27日(金) 8:50~15:15
     ※放課後の講座・クラブも見学可
対象 : 市内外問わず中3生を対象とします。
1
qrcode.png
http://wakkanaiotani-h.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<稚内大谷高等学校>> 〒097-0012 北海道稚内市富岡1丁目1番1号 TEL:0162-32-2660 FAX:0162-73-1911